駿河蒔絵

今回は、『駿河蒔絵』のご紹介です。
徳川家康が静岡に駿府城を建立した際に、全国から優秀な職人達が駿府に集められました。職人達はその後の久能山東照宮や浅間神社の造営工場のため、何代にもわたり駿府の地に住みながら、自らの技術を地元の職人達へ伝承しました。
それが静岡家具の源流だと言われています。蒔絵師も同じように駿府の地に定住したようです。
その後進化して駿河蒔絵となりました。
この商品の蒔絵は女性の蒔絵師さんの作で、とても繊細で優しい感じの蒔絵に仕上がっております。

関連記事

  1. 静岡商工会議所報シング3月号に当社が紹介されました。

  2. 《花といのりの厨子》の生産工程

  3. 花立に挑戦❗

  4. ファン付きジャケットサンプルが入荷

  5. 『津島神社』の”輪くぐり祭”

  6. 『NCルーター』第2弾

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP