部品の加工作業第2段

家具調仏壇の部品の加工作業第2段です。
かなり細い材を組み合わせる組子。現在は作り手が減っているので、この木工技術をなんとか次の世代へ繋いでいきたいところですす。
そしてもうひとつは、少し太めのオリジナル。
機械加工と手作業の組み合わせです。
徳川時代に始まったとされる匠の技ですが、現代の職人達が時代に合わせた進化を続けていかなければなりません。

関連記事

  1. 電気工事及び集塵機の設置が完了いたしました

  2. 着色作業

  3. 天然杢 突き板の 貼り加工作業

  4. 『NCルーター』第2弾

  5. 消防訓練

  6. 『想いの引き出し』の製造を開始しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP