当社のSDGsの取り組みについて

今回は当社のSDGsの取り組みについてです。
今人気のウォーナット材ですが、木取りの段階で、どうしても端材が出ます。
駿河突板店の橋本社長にお願いして、端材を藤枝にある支援学校の木工教材として提供させていただく事にしました。
スマホスピーカーや時計になるそうです。
廃棄物の削減にもつながりますし、我々ができる身近なところから取り組んでいく事が大事だと考えます。
皆さんも日々の生活を見直し、個人でも出来る事を見出し、SDGsの目標達成のために貢献してみませんか!

関連記事

  1. ボイラーの化粧直し

  2. 特注品の施策加工

  3. ゴミ防御ネット

  4. 『暮らし デザイン 新時代 東京インターナショナル・ギフト・…

  5. 天然杢 突き板の 貼り加工作業

  6. タモ柾目

PAGE TOP