桜蒔絵

今年の新作の桜蒔絵です。こちらの蒔絵は
”駿河蒔絵”と呼ばれていて、江戸時代から始まった職人技です。
現在、駿河蒔絵は、静岡県郷土工芸品に指定されています。
当社は『さの蒔絵』さんに依頼しておりますが、女性ならではのきめ細やかさが作品を引き立てます。
この桜蒔絵を施した家具調仏壇は、樺桜を使用していて桜蒔絵とも調和しています。
販売店様にも好評です。

関連記事

  1. グループミーティング

  2. 着色作業

  3. 静岡県経営革新認定

  4. 『津島神社』の”輪くぐり祭”

  5. 白のピュアークリアー塗装第2段

  6. “木取り”加工作業

PAGE TOP